最新治療で大腸がんの進行を防ぐ|早めの治療が大切

大腸のがんの手術とは

女性

外科療法が一般的

痔による出血かと考えていたら、大腸がんが原因だったということがよくあります。大腸がんの症状は、ほかにも便秘や下痢、腹痛などがあり軽い病気だと見過ごしてしまう場合が多いのです。そのため、ほかの内臓や骨に転移してから発見されることが多くなります。がんを完治させるために最も多く行われるのは外科手術で、メスでがんを切除する治療です。手術前に化学療法や放射線療法でがんを小さくしたり、手術後に拡散したがん細胞を死滅させたりすることもあります。大腸がんが初期の段階なら、通常は内視鏡を使った治療が行われます。これは、肛門から内視鏡を挿入し、「スネア」という輪になった器具を腫瘍に引っ掛けて高周波電流で焼き切る手術です。

メスを使わない手術とは

内視鏡治療は、早期の場合のがんであればほぼ完全に治すことが可能です。しかし、それは早期発見で、がんの直径が3cm以下で粘膜内にあることが条件となります。内視鏡治療は、メスを使わないので患者の体への負担が少ないのがメリットです。大腸がんが、ある程度大きくなってしまい内視鏡治療が行えない場合は腹腔鏡手術が行われます。これは、お腹に数ヶ所小さな穴を開け、そこからメスや鉗子、カメラを挿入しモニター画面を見ながら腫瘍の切除をする手術です。腹腔鏡手術は、傷口が小さくてすむため手術の回復も早くなります。また、がんがかなり進行して手術ができない場合は、化学療法で抗がん剤を使ったりX線を照射する放射線治療を行う場合があります。

脳の良性腫瘍

患者

聴神経の周りを取り囲むように存在しているシュワン細胞から発生する良性腫瘍を聴神経腫瘍と言います。腫瘍が大きくなると脳を圧迫し、様々な症状が現れるようになります。初期症状は片耳の聴力低下、めまい、耳鳴りなどです。

詳しく見る

最先端技術で病気を予防

女性

株式会社プライマリーセルは北海道札幌市に本社を持ち、東京都江東区にあるコスモ・バイオ株式会社の子会社です。この企業は糖尿病や肥満防止・治療に効果が期待できる内臓脂肪細胞の分化誘導で2012年に特許を取得しています。

詳しく見る

血液をろ過する

医者

透析療法はシャントという血液の出入り口を作って行われます。水分の補給状態や栄養状態、全身状態や、ほかの病気の有無によりその患者にあった透析液を使用して行われています。世田谷区でも自分に合った治療方法で行われています。

詳しく見る